| 令和4年度 電気工事士・電気主任技術者パイロットテスト


 当試験センターでは、電気工事士(筆記)試験及び電気主任技術者(第三種のみ)試験について、CBT(Computer Based Testing)方式の導入を検討しているところです。CBT方式とは、コンピューターを利用して実施する試験方式のことです。受験者は、コンピューターに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
 CBT方式では、都合の良い試験日時・会場を選択して受験することが出来るというメリットがあります。また、新型コロナウイルス感染対策等もより確実に実施できます。このCBT方式導入に際して、従来の方式(問題用紙に印字された試験問題をみて、解答用紙(マークシート)に、筆記用具を使って解答する)と比べて受験者利便性(問題文の視認性、解答作業性等)に大きな差がないことを事前に検証を行うため、パイロットテストを実施いたします。
(なお、実際に導入するCBTの試験方式は、今回のパイロットテストの試験方法とは異なる場合があることを予め申し添えます。)



パイロットテストは、定員を超えた場合、抽選となります。
また、申込み前に受験案内を確認いただき、同意の上、お申込みください。(ぜひ、CBTパイロットテストをご体験ください。)

  • 第三種電気主任技術者試験 パイロットテスト
    (申込期間:4月25日15:00〜5月15日23:59(申込期間を延長いたします。))
    パイロットテスト申込 パイロットテスト受験案内
  • 第二種電気工事士 パイロットテスト
    (申込期間は終了しました。)
    パイロットテスト申込 パイロットテスト受験案内