第三種電気主任技術者試験

電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者として必要な知識について、次の方法・内容により筆記試験を行います。

1.試験内容

次の4科目について科目別に試験を行います。各科目の解答方式は、マークシートに記入する五肢択一方式です。

科目名 科目の内容
理 論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
電 力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料
機 械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
法 規 電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理

2.科目別合格制度(科目合格留保制度)

試験の結果は科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば第三種電気主任技術者試験合格となりますが、一部の科目だけ合格した場合には科目合格となって、翌年度及び翌々年度の試験では申請によりその科目の試験が免除されます。

つまり、3年間で4科目の試験に合格すれば第三種電気主任技術者免状の取得資格が得られます。

3.使用可能な電卓

〔使用できる電卓の種類〕
電池(太陽電池を含む。)内蔵型電卓で音の発しないもの(四則演算、開平計算、百分率計算、税計算、符号変換、数値メモリ、電源入り切り、リセット及び消去の機能以外の機能を持つものを除く。)に限ります。
なお、「四則演算、開平計算、百分率計算、税計算、符号変換、数値メモリ、電源入り切り、リセット及び消去の機能」とは、電卓のキーの働きが次の表に示すキーの機能表示の範囲に対応します。
※詳細は、受験申込方法(案内)をご覧ください。



(注) 他の機能のキーとは、この表にあるキー機能のことです。
この他に、四捨五入、切り捨て等のスライドスイッチ、小数点以下の位取りスライドスイッチのあるものは使用できます。

電気主任技術者試験で使用できる電卓の代表例

電気主任技術者試験で使用できる電卓の代表例 電気主任技術者試験で使用できる電卓の代表例
(√キーの機能は必須です。)

電気主任技術者試験で使用できない電卓の代表例

電気主任技術者試験で使用できない電卓の代表 電気主任技術者試験で使用できない電卓の代表
(関数電卓は使用できません。)
電気主任技術者の資格と範囲 電気工事士の資格と範囲 資格取得のフロー